未経験でもIT業界の正社員になりやすい職種

IT系の仕事の中でネットワーク系のメインと言えばwebプログラマーで、転職サイトなどでも多数募集されており、そのニーズは大きいです。

インターネット上に存在するwebシステムを構築するためのプログラミングを行なう仕事で、その領域も幅広い特徴があります。

プログラミングとは仕様書に基づいて専門の言語を用いて、コーディングを行なうことで、webシステムを機能化させるために必要な存在です。

web系の場合、専門の用語にはHTML・CSSの知識はもちろんのことPerl、Java、PHP、ASPの知識も必要となります。

その他にデータ処理を扱うこともあり、SQLなどのデータベースに対する知識も必要不可欠です。

仕様書の作成は本来はシステムエンジニアが担当する仕事ですが、webプログラマーはエンジニアの足りない部分を補う仕事もあります。

プログラミングとは下流工程に属する作業なので、その上流工程での問題が下流工程で発覚することも多いからです。

また優秀なエンジニアになるためには、優秀なプログラマーであるということが前提にもなっています。

実際に新規でwebプログラマーになることは意外と難しく、学校や企業の研修などで習得することから始めるのが一般的です。

しかも書店やネット上では、そういった専門言語を習得できる本も多数存在していることもあり、興味を持てば自らが習得することも可能となります。

新卒であれば、IT未経験求人をしている企業の研修や実際の仕事の中で習得も可能ですが、最終的には自らが習得しようとする意志と興味がどうしても必要となります。

様々にプログラミングを行い、その機能を確かめ面白いと感じれば仕事でも苦にならずwebプログラマーとして自立できる近道にも繋がってくるのです。

なお他社へ転職する場合には、携わった業務での役割と実績が必要で、専門用語の習得はどうかといった点も重要となります。

また転職時は、自身が構成したwebサイトの作品を提出するといったユニークなweb会社の採用活動が行われるケースも多いです。

なおweb系には幾つもの資格が存在します。

資格は個人のスキルを証明するために必要なものとして扱われ、新規採用や転職では断然有利となります。

以前はIT系の仕事の資格は重要視されて来なかった経緯もありましたが、企業にとって国家資格などを所有している要員の数が重要となるケースが多いです。

その理由としては、大規模なweb案件の仕事を企業が請け負う場合、その請け負う企業の力を指し示す物差しとなっているからです。

難関の資格を所有しているだけで、企業にとって必要な人材として扱われることも珍しくなく、転職や待遇面でも有利に働くことも少なくありません。

よってwebプログラマーで転職を成功させたり、待遇面を良くしたい場合には、仕事の合間を縫って積極的に資格取得していくことが望ましいです。

 

IT業界就職説明会に参加してきました

つい先日、都内で開催されたIT業界の就職説明会へ参加してきました。

インターネットが発達し、Webサービスやモバイルアプリなしでは生活ができないと言ってもいいほど、ITは私たちにとってなくてはならない存在となりましたが、それだけこの業界のニーズが高騰しているとも言えます。

そんな中、私もWeb業界に興味を持ち、就職先候補として検討すべく、情報収集も兼ねて当イベントに参加したのです。

会場は普段、イベントや展示会などが開催される場所で、約30社ほどのIT企業が軒を連ねて出展をしていました。

参加企業は誰もが名前を一度は聞いたことのある大手有名企業から、意外と知られていない中小ベンチャーまでさまざまで、各企業のブースには各社の事業内容やオフィスの紹介、社員のようすなどがわかるような装飾が施されていました。

さらにブースには企業人事や現場の担当者の方が座っており、15分程度の面談ができる形式となっていました。

やっぱり企業の情報を知るには、その企業で実際に働いている従業員の方と話すのが一番よくわかるものです。

私も気になる企業をいくつか回り、実際に面談でお仕事内容などについて詳しくお話を伺いました。

こうした就職説明会へ参加することのメリットは、やはり一度にまとめてさまざまな企業の情報を集められることにあると思います。

普段、インターネットで検索してもなかなか出会えないような企業との出会いもあり、それまでよりもずっと広い視野で企業選びをできるようになったと感じています。

もちろん気になった企業があれば、その場だけで終わらず、実際に詳細な情報収集を進め、実際にエントリーへと進むことができます。

一度、ひとつの会社へ就職をすれば、そこはたちまち自分にとって一日の大半を過ごす場所となります。

どうせなら少しでも自分と合った企業に長く勤め、成長し活躍したいものですし、企業選びは人生にとってとても大きな決断と言えるのです。

企業選びに正解はないですが、選択にあたり少しでも有益な情報を手に入れておいた方がよいことは間違いありません。

友人や先輩のネットワークを活用するのもよいですが、まだ行動に移せていないという方、何から始めたら良いかわからないとお悩みの方であれば、こうした就職説明会イベントを活用してみるというのも一つの手段だと思います。

きっとそれまで見えていなかったことに気づいたり、新しい発見があるはずです。

 

未経験でもWEB関連事業で中途採用される方法

WEB関連事業というと、WEBに関する豊富な知識やサイト制作やシステム開発等のスキルがないと就職できないと思われる方が多いことでしょう。

ですが、未経験でも中途採用が可能な会社や仕事もあります。

未経験者歓迎!学歴不問の正社員(中途採用/キャリア採用)募集

WEB制作に携わりたいという場合は、業界未経験でもかまいませんが、WEB制作に関する知識や技術があるのがベストです。

小規模な制作会社や常に多くの案件を抱えて納期に向けて突き進んでいる会社が多いため、全くの素人を養成する人員や時間が割けないことが多く、何も知らない人を採用してくれるケースは稀です。

ですが、独学でも趣味でもいいですし、現在の会社でホームページの更新やオンラインショップの運営管理に携わるなどして、ホームページ作成ツールやイラストレーター、フォトショップなどをある程度使いこなせる人であれば、中途採用される可能性はあるのです。

技術職の場合はやや門戸が狭くなりますが、WEB関連事の仕事は技術職だけではありません。

営業職や運営管理の仕事、マーケティングリサーチの仕事などもあります。

営業職はWEB制作会社にもありますし、WEB広告を扱う広告代理店にはもちろんあります。

営業職としてのコミュニケーションスキルとフットワークの良さ、根性があれば、WEBの知識は入ってから身に着けるのでもかまいません。

もちろん、全くないよりはあったほうがよく、自分なりに勉強しておくと面接などで役立つ場合もあります。

ですが、それ以上に営業としてWEBの制作依頼や広告案件をゲットしてくることが大切ですので、交渉力やプレゼン力をアピールしたほうが採用確率は高まります。

運営管理の仕事はWEB制作の現場でも、広告制作の仕事でも不可欠です。

予算の管理、人材の配置と調整、納期やリリースに向けてのスケジュール管理に、アクシデントやトラブル発生時の臨機応変の対応などがあります。

クライアントは一度話し合いで決めた後も、随時要望を出して来たり、制作の過程で様々な要望や変更を提示してくることも少なくありません。

そうしたクライアントへの対応と、内部スタッフや外部の請負スタッフなどを調整しながら、最終目標までたどり着かせる重要なポジションとなります。

WEB関連業界は未経験でも、こうした運営管理的な仕事に携わった経験がある方や、コーディネート力やトラブル対応が得意という方は、その能力やスキルを前面に押し出してアピールすることで中途採用の確率が高まります。

 

ネットショップの運営に関わる仕事をしたいと考え就職活動しました


私は、在学中からネットショップの運営に関わる仕事をしたいと考えていました。

学内の就職課で求人を探していましたが、事務職や営業の仕事はあっても、インターネット関連の求人募集はありませんでした。

大学に通いながら、パソコン関連のスクールに通っていたので、そちらの求職相談にも行ってみましたが、良いと思う企業はあっても、「卒業まで待てない、すぐに就職できるのだったら来てもらいたい」と丁重に断られることが多かったです。

私の希望する勤務地は、大学の周辺地域ではなく、地元での就職を希望していたため不利になったことも否めません。

地元の合同就職説明会に出席しても、なかなかネットショップに関心のある企業の方とは会えませんでした。

むしろ、通信販売と同じように考えて、実店舗があるのでいいのではないかという反応の方が多いようです。

また、地場産業を活かして、全国的に売れると面白いのではという話をしても、学生のくせにと鼻であしらわれるようなこともありました。

学校の就職課で落ち込んでいたら、担当の職員の方に話しかけられました。

「仕事を探す場所を間違っているのではないかな?インターネットの販売関連の仕事なら、ネットショップの中から探してみたらどうかな?」目から鱗が落ちる思いとはこのことです。

早速、ネットショップでも店舗が集まった商店街型タイプのサイトのホームページを見てみました。

人材の紹介というリンクがあり、その先のページに飛んでみます。

そこには、ネットモールに属している店舗の求人募集が載っているページがありました。

求職者とマッチングさせ、無事就職が決まったならば、お祝い金も出すと書いてあります。

企業名は登録をしないと見られないようですが、事業所在地を見ることができました。

自分の地元の周辺の地域にもたくさんあるようです。

会員登録をすませ、地元への就職を希望していること、自分の経歴とパソコンスクールでどのようなことを習ったかを記載したところ、1週間後に連絡をもらいました。

地元でも有名な企業で、名産品を全国にネットの店舗で販売している所です。

すぐに連絡をして、面接の予約を取り付けました。

社長との就職の面接は非常にスムーズに進み、地元をネットを使って振興させたいという思いをかってもらいました。

その場でサイトのレイアウトをしたところ、担当者の方に感心してもらえ、ホッとしたものです。

合格にはなりましたが、卒業するまでに更に技術に磨きをかけてほしい、お客様に出すメールマガジンの担当をしてもらうので、商品知識を身につけてほしい、と言われました。

今は、週に1、2回出社しています。

本採用までにもっと力をつけたいと思っています。

新卒・第二新卒の就職情報 | 株式会社コネクト

 

Webデザイナーは未経験者の方が有利


Web関連の職種は現在とても人気があります。

その中でもWebデザイナーは特に人気急上昇です。

理由としては、華やかな仕事というイメージがありますし、オシャレな環境で仕事が出来るイメージを持っている方が多いからだと思います。

 

では、Webデザイナーになるためにはどのような面接や試験に心がければ良いのでしょうか。

よく面接必勝法とかの本を見ると、芸術的要素が強い人が有利であったり、Web開発の経験者は優遇されるとよく書かれています。

また、逆に未経験者でもWeb開発やWebデザイナーの仕事は出来ますとも書かれています。

どちらも本当なのでしょうが、会社を受ける立場からの気持ちで考えると、迷ってしまうと思います。

 

Web業界は、はっきり申し上げて経験者でないと厳しいということは一切ありません。

むしろ未経験者の方が優遇されることの方が多いくらいです。

では、なぜ未経験者の方が優遇される確率が高いのでしょうか。

それは、Webデザイナーが行う仕事というのは、読んで字の如く、Web上でデザインを行う人のことです。

一言で言うと何かしら表現が出来れば良いのです。

それであれば経験者の方が有利と誰しもが思うと思いますが、今のWeb業界では斬新なアイデアが非常に求められています。

他社と同じようなデザイン・仕様では勝負は出来ない世界です。

経験者であれば、どうしても思考・アイデアから過去の実績を離すことが難しいのです。

 

その点、未経験者であれば過去の実績はゼロなので、簡単な話、思いついたアイデアが斬新な結果に結びつくことさえあります。

たった一つの色、たった一つの文字をどう表現するか、どのようにアピールすればクライアントに喜んで頂けるのか、ここがWebデザイナーの最大の面白みとも言えます。

Webデザイナーを目指して入社試験を受けようとしている方が多いと思いますが、経験が無いからといって落ち込む必要などまったくありません。

 

むしろ未経験者の方はどちらかというとクライアント側の考え方の方が近いことが多いですので、クライアントの立場にたった提案が出来ると、最大のアピールをしてもいいくらいです。

あとは、どこの会社でもそうですが、挨拶、整理整頓、報告・連絡・相談が出来ることは言うまでもありません。

 

面接官は受験者の目元・口元・しぐさをよく見ます。

そこでその受験者の人がどんな人なのか、一緒に働けていけるのかということを判断していきます。

未経験者の方がこの記事を読んで頂けたのであれば、是非とも自信を持って頑張ってほしいと思います。

http://inc-connect.jp/

 

Web業界にコーダーとして入った話


私は過去にWeb業界でコーダーとして入社したことがあります。

コーダーとは、HTMLとCSSという言語を使い、ネット上で表示されるウェブサイトを綺麗に見せるための技術を使う職種です。

この職種の場合、すぐにその会社に入るということは出来ません。

まずはスキルを身につける必要があります。

このため、私は希望する会社に入る前に、会社で働きながら定期的にWeb業界の知識や技術について学べるスクールに通っていました。

そこでHTMLとCSS、ちょっとしたデザインを学びました。

今でもある程度スキルがある人ならではの仕事だと思っています。

経験者なら引く手あまたの仕事ではないでしょうか。

入社する際に気にしたのは、やはりコーダーとしてやっていけるかどうか、という不安でした。

ただ、レベルの低い会社に入ると成長できないので、ある程度知名度のあるWeb製作会社をいくつか選びました。

そこではじめて知ったのですが、入社の際には他の仕事と違ってスキルチェックやスキルテストがあるということです。

これは内容はその企業によっても違いますが、例えばコーディングを実際にしてみたり、自分でHTMLやCSSをいくつかかいてみたりというものがありました。

もちろん最初は時間がなくて落ちてしまうことが多く、そのためスピードアップとスキルアップは欠かせない課題となっていました。

また、いくつかの会社ではデザイナーとコーダーのスキルをセットで求められることもあり、コーダーのみで働きたい人からすれば非常に厳しかったのも覚えています。

今の会社に採用されたのは、需要と供給がたまたまたまマッチしたからということと、あとこれまでの事務スキルを歓迎されたということがあります。

私の前職は事務職だったのですが、そこでパソコンの資格をいくつか取っていたこと、コーダーとして経験がなくてもいいという求人だったこと、また面接の際にたまたま面接してくれた人と話が弾んだことでしょうか。

入社前にはコーディングを行う専用ソフトであるオーサリングソフトの学習をまたひと通りしただけではなく、他にも少しデザインについても知っておいた方がいいような印象があったのでデザインについての基本的なところ、またグラフィックソフトも軽く触ってみたりしました。

今ではその会社に長く働いています。

未経験者なので厳しい物はありましたが、入ってみるとやりがいのある仕事で楽しく仕事をしています。

 

webプログラマーになるためには必要なスキルなどについて


IT系の仕事の中でネットワーク系のメインと言えばwebプログラマーで、転職サイトなどでも多数募集されており、そのニーズは大きいです。

インターネット上に存在するwebシステムを構築するためのプログラミングを行なう仕事で、その領域も幅広い特徴があります。

プログラミングとは仕様書に基づいて専門の言語を用いて、コーディングを行なうことで、webシステムを機能化させるために必要な存在です。

web系の場合、専門の用語にはHTML・CSSの知識はもちろんのことPerl、Java、PHP、ASPの知識も必要となります。

その他にデータ処理を扱うこともあり、SQLなどのデータベースに対する知識も必要不可欠です。

仕様書の作成は本来はシステムエンジニアが担当する仕事ですが、webプログラマーはエンジニアの足りない部分を補う仕事もあります。

プログラミングとは下流工程に属する作業なので、その上流工程での問題が下流工程で発覚することも多いからです。

また優秀なエンジニアになるためには、優秀なプログラマーであるということが前提にもなっています。

実際に新規でwebプログラマーになることは意外と難しく、学校や企業の研修などで習得することから始めるのが一般的です。

しかも書店やネット上では、そういった専門言語を習得できる本も多数存在していることもあり、興味を持てば自らが習得することも可能となります。

新卒であれば、企業の研修や実際の仕事の中で習得も可能ですが、最終的には自らが習得しようとする意志と興味がどうしても必要となります。

様々にプログラミングを行い、その機能を確かめ面白いと感じれば仕事でも苦にならずwebプログラマーとして自立できる近道にも繋がってくるのです。

なお他社へ転職する場合には、携わった業務での役割と実績が必要で、専門用語の習得はどうかといった点も重要となります。

また転職時は、自身が構成したwebサイトの作品を提出するといったユニークなweb会社の採用活動が行われるケースも多いです。

なおweb系には幾つもの資格が存在します。

資格は個人のスキルを証明するために必要なものとして扱われ、新規採用や転職では断然有利となります。

以前はIT系の仕事の資格は重要視されて来なかった経緯もありましたが、企業にとって国家資格などを所有している要員の数が重要となるケースが多いです。

その理由としては、大規模なweb案件の仕事を企業が請け負う場合、その請け負う企業の力を指し示す物差しとなっているからです。

難関の資格を所有しているだけで、企業にとって必要な人材として扱われることも珍しくなく、転職や待遇面でも有利に働くことも少なくありません。

よってwebプログラマーで転職を成功させたり、待遇面を良くしたい場合には、仕事の合間を縫って積極的に資格取得していくことが望ましいです。